ガーデンバリアでご近所トラブル!?猫撃退に本当に使えるのは

 

41166b6f7d3e59785c58d70ed0f73b7e

 

野良猫を撃退できると話題のガーデンバリア。

 

猫が嫌がる高周波音で、猫を撃退するグッズです。

 

しかしこのガーデンバリア。

 

なんと人間にも聞こえてしまうのです。

 

お年寄りなど、耳の悪い人には聞こえなくても、

若い人や耳の良い人にはかなり聞こえます。

 

中には設置をめぐって、ご近所とトラブルになることも…。

 

不快音が人間にまで聞こえてしまってはいけません。

 

では、効率的に野良猫を追い払うには

どうしたらよいのでしょうか。

 

話題の野良猫撃退グッズの超音波は人間にも聞こえてしまう!?

Cat_Eye_Problems_Old_Cat_June_DE_MZ

気を付けたいのが、野良猫撃退グッズの超音波周波数。

 

人間の可聴周波と異なる音域にしておかなければなりません。

 

人間の可聴周波は約15~20kHz。

 

これを参考に、撃退グッズの超音波周波を確認しましょう。

 

ガーデンバリアで、猫撃退のために出る高音波は18~23kHz。

 

これは、かなり人間の可聴域に近く、

多くの人が聞き取れる音域です。

 

また、高音域では聞き取れなくても、

ガーデンバリアでは、ランダムに音域が変わるので

一日に何度かは、必ず聞こえてしまいます。

 

確実に、人間には聞こえない方法で猫撃退する

方法が必要です。

 

猫だけ追い払う良い方法はたった1つ!効果てきめんなのは

old-cat-1

野良猫撃退グッズは、さまざまなもので猫に

不快感を与えて追い払う方法があります。

 

光や水、臭い、そしてガーデンバリアのように

猫の嫌う音で追い払う方法があります。

 

光や水、消えてしまう臭いで追い払う方法に比べ、

猫が嫌う音で追い払う方法は、猫に不快感を与えるので

効果が高いです。

 

また、光や水で驚かす場合は、猫は慣れてしまいますが、

音による不快感で追い払う場合、

慣れてしまうことはありません。

 

そこで大切なのが、人間には確実に聞こえない音で

追い払う、という大原則なのです。

 

人間の可聴域である15~20kHz。

 

これと重ならない音域で確実に猫を撃退する必要があります。

 

番人くんがガーデンバリアより優れている理由はコレだった!!

bgProdCatGrooming1-1300x900

人間に聞こえてしまうガーデンバリアは、

ご近所や家族に大きなストレスを与える場合があります。

 

その点、番人くんは安心。

 

人間には聞こえない60kHzもの超高周波音で

野良猫を撃退します。

 

また、うれしいのは、購入後のサポート。

 

猫を確実に撃退するために、

専門スタッフが親身になってサポートしてくれます。

 

また、効果がなかった場合、

あるいは、他の野良猫撃退グッズと同じように

ご近所とトラブルになりそうな場合。

 

こういった場合には返金システムもあります。

 

今なら、全額返金キャンペーンも開催しており、

なんと自己負担ゼロ円でも番人くんも

可能となっています。

 

本当に野良猫を撃退したい。

 

そういった人こそ、今すぐ試すべき方法です。

 

ボンネットに足跡!野良猫から愛車を守る為に絶対すべき事

  old-cat-1

 

毎朝出かけようとすると愛車のボンネットに猫の足跡!

 

朝から憂鬱な気持ちになっていませんか。

 

犬と違い、外を自由に歩き回る猫は、

いつの間にかいたずらを仕掛け、

すぐに姿を消してしまいます。

 

夜中にあなたの愛車に我が物顔でのぼり、

堂々と汚らしい足跡を付けているのです。

 

野良猫の愛車被害は、実は足跡だけでありません。

 

あなたが気付いていないだけで、

タイヤで爪を研がれていたり、

マーキングのためおしっこをかけられていることも…。

 

車の近くに猫の形跡があったら、

猫が寄り付かないようにしなければいけません。

 

どうしてあなたの車は野良猫に足跡を付けられるのか?

Cat_Eye_Problems_Old_Cat_June_DE_MZ

では、どうしてあなたの車は、

野良猫に足跡をつけられていたのでしょうか。

 

それは、なんといっても、あなたの車のボンネットが

とても暖かく、猫にとって快適だったから。

 

猫は快適な場所を見つけるのが

とても上手な生き物です。

 

そのため、肌寒い夜の時間に、

エンジンの熱がまだ残る車のボンネットは

暖をとるのに最高の場所なのです。

 

また、足跡が目立つのには、

あなたの車の色にも原因があります。

 

どうしたって、よく磨かれた黒い車に

泥が渇いた白い足跡は目立つもの。

 

普段車をキレイに磨いているからこそ

足跡が目立ってしまう…。

 

なんとも皮肉な結果を道井美いているのです。

 

野良猫が好む車にはなんとこんな特徴があった!!

41166b6f7d3e59785c58d70ed0f73b7e

ボンネットに足跡を付けられるのは、

ボンネットに残る車の温かさが原因であるという

話をしました。

 

では、猫が好む車には、

何か特徴があるのでしょうか。

 

猫が好む車、というと語弊がありますが、

足跡を付けられやすい車には特徴があります。

 

まず、足跡を付ける場所。

 

足跡に気付くのは、多くの場合、ボンネットです。

 

そのため、ボンネットが前にそりだしていない、

いわゆるワゴンタイプの車は

足跡がつけられにくい傾向があります。

 

しかし、ボンネット以外にも

猫が足跡を付ける場所はあります。

 

それは車の屋根の上。

 

ボンネットも車の屋根の上も、

共通するのは、平で寝ころびくつろぎやすいこと。

 

こうした、猫がゆったりできるスペースがあると

猫は車に上ってくるのです。

 

今日からできる、野良猫から愛車を守る秘密の方法とは 

Black-cat-cute-ella-kitten-little-puppy-Favim.com-65149

猫の足跡がボンネットについている場合も、

屋根についている場合も、

猫が寄り付かないようにすれば足跡は付けられません。

 

或いは、猫が車に上ってこないようにする

工夫が必要です。

 

効果的なのは、ガレージに防犯用のライトや

警報機を付けること。

 

特にライトは、猫がやって来たとき急に照らすことで

猫を驚かします。

 

また、特に天井に足跡がつけられている場合、

猫が車の屋根までジャンプしても

届かないような工夫が必要です。

 

具体的には、周囲に踏み台となるような物を置かない。

 

ジャンプで移動できそうな塀や屋根からは

離した場所に停める。

 

近くに寄れないよう、きちんとガレージに停める。

 

こうした工夫で、猫から車を守ることができます。

 

 

バイクでつめとぎ!?野良猫を絶対愛車に近づけない方法とは

  Black-cat-cute-ella-kitten-little-puppy-Favim.com-65149

 

大切に手入れをしているバイク。

 

休日にふと見たら、野良猫がタイヤで

爪とぎをしている!?

 

そんな光景に出くわしたことはありませんか。

 

バイクのタイヤで爪を研いでいる。

 

もしそんな状況を見てしまった場合、

あなたの知らないときに、あなたのバイクのタイヤは

確実に猫の爪とぎ場所になっています。

 

猫は決まった場所で爪を研ぐもの。

 

毎日毎日、爪を研いでいる可能性が高いです。

 

しかし、タイヤは、猫に爪を研がれることで

簡単に傷がついてしまいます。

 

いったいどうしたら、あなたの大切なバイクを

野良猫から守ることができるでしょうか。

 

車、バイクのタイヤは絶好の爪とぎ場所だった?!

Cat_Eye_Problems_Old_Cat_June_DE_MZ

猫が爪を研ぐのには、さまざまな理由があります。

 

まず、自分が狩りなどをするときの武器である

爪を、鋭く整えておくため。

 

伸びすぎた爪を適切な長さに整えるため。

 

また、自分の縄張りを示すために、

爪を研ぐ場所を決めています。

 

これらの理由から、一度、

猫が爪を研いでいるところを目にしたのなら、

そこでは常に爪がとがれている可能性が高いです。

 

猫は毎日何度も爪を研ぐ生き物なので、

あなたが知らないだけで、

一日に二度も三度も爪をとがれていることでしょう。

 

なぜ猫はタイヤで爪を研ぐのか?徹底研究

old-cat-1

では、なぜ、猫はタイヤで爪をとぐのでしょうか

 

猫が爪を研ぐ場所には、特徴があります。

 

まず、それは、爪が適度に引っかかり、

とぎやすい場所。

 

くわえて、猫が前足をかけて立ち上がった程度の

高さがある壁面。

 

猫は爪を研ぎながら伸びをするので、

あまり高さがない場所では爪を研ぎません。

 

例外的に床などで伸びたまま

爪を立てることはありますが、

それは一時的なものです。

 

マーキングも兼ねた爪とぎは、

猫が立ち上がった程度の高さが必要です。

 

こうしたことを考えると、

つるつるの堅い金属面などでは、爪はとげません。

 

比べてタイヤは、滑り止めの溝があり、

また、爪を立てることで食い込むため

爪とぎにとてもよいのです。

 

そのため、毎日同じ場所に置かれている

あなたのバイクが、猫の爪とぎ場所になるのです。

 

サドルでお昼寝!?野良猫をあなたのバイクから遠ざけるには

bgProdCatGrooming1-1300x900

バイクが受ける猫被害は、

タイヤでの爪とぎだけではありません。

 

冬になると、あなたのバイクのサドルの上は、

暖かな日が当たる絶好の日向ぼっこスポットです。

 

爪とぎは猫のマーキング行為でもあるので、

バイクを自分のものだと思っている猫は、

確実にそこで日中を過ごしているでしょう。

 

また、夏の夕涼みにも使われている可能性が高いです。

 

風通しがよい駐輪スペースは、

寝苦しい夜を乗り越えるのにピッタリです。

 

ただサドルに猫がいるだけでは、

困ったことはないかもしれません。

 

しかし問題は、あなたのバイクが気に入っている猫は

バイクを自分のものだと思っていること。

 

サドルに汚い泥足でのり、足跡を付けたり、

タイヤで爪をといだり、猫が雄猫なら、

そのうち尿をかけてマーキングされる恐れもあります。

 

こうした猫被害を防ぐには、事前の予防措置が必要です。

 

猫があなたのバイクを気に入らないように、

或いは近くによりつけないように。

 

この工夫をするだけで、愛車は猫から守られるのです。