フィラリア、ジステンバー、狂犬病。押さえておきたいペットの病気予防は

image

 

ペットに丈夫で長生きしてもらうためには、

一体どうすればいいのでしょうか。

 

重要なのは食事と運動、

それにストレスと、人間にも似通ったものです。

 

これらのうち、食事と運動は人間によって

管理が可能なものとなっています。

 

では、病気などの場合はどうでしょう。

 

フィラリア!犬の大敵。恐ろしい寄生虫感染はこう予防する!

23695_pets_vertical_store_dogs_small_tile_8._CB312176604_

フィラリアという寄生虫は、

犬や猫の心臓や肺に寄生し、

血流を滞らせます。

 

蚊が媒介しますが、

蚊取り線香を焚いておけばいいというレベルではなく、

毎月の予防薬摂取が必要です。

 

ですが、既に寄生されている状態で

予防薬を投与するのは危険なので、

まずは検査が必要です。

 

フィラリアを効果的に予防するには●●摂取が有効!?

choosing-a-dog-shampoo

経口薬を与えることにより、

フィラリアを予防することができます。

 

ただし、一度でも忘れてしまうと

フィラリアに感染する危険性が高くなり、

これまでの努力が無駄になりかねません。

 

大切な家族のためにも、

病気になるリスクはできるだけ低くしてあげましょう。

 

フィラリアが流行するのは●月から!特に注意が必要!?

dog8

東京の場合ですが、5月から11月程度が、

毎月フィラリア予防薬を飲ませる必要がある期間です。

 

しかし、あくまで目安であり、

決定されているわけではありません。

 

また、期間が終わってから1ヶ月後にも服薬させます。

 

ただでさえ高額な治療費。しかも獣医には決まった料金体系がない!?

kangoshi16

また、フィラリアには1年間の効果が

期待できる注射や、飲ませるタイプの薬、

滴下する薬などがあります。

 

飲ませるものには、

ジャーキーのようになっていて、

食べさせやすいものもあります。

 

獣医には決まった料金がなく、

それぞれ違うので自分で調べる必要があるでしょう。

 

フィラリアだけじゃない!飼い主が知っておくべきペットの健康管理

dog-vet

フィラリアが感染した様子の図は、

みなさんも目にしたことがあると思います。

 

あのようにならないため、

きちんと愛犬や愛猫には予防薬を摂取させてください。

 

その他、食事や運動がペットの健康管理には

必要となりますので、

人間と同じように気を配ることが必要となります。

 

狂犬病やジステンバー予防

canaan-dog

その他、毎年一回の狂犬病予防注射や、

生まれて間もなくはジステンバーを含んだ

混合ワクチンを摂取させましょう。

 

愛するペットと、元気で長く一緒にいるためには

必要不可欠です。

コメントを残す